病院沿革

明治14年   :田中養朴が、北松浦郡鹿町村に医院開業
昭和13年 9月:現在地での三代目として、田中 昌記が 田中産科医院を開業
昭和38年 8月:同、田中 昌記が現在地に 田中病院開設(65床)
昭和58年 6月:増床(85床)
昭和62年 3月:増床(91床)
平成 3年12月:四代目院長として、田中 實が就任
平成 4年 7月:法人設立 医療法人社団 昌徳会 田中病院
平成11年 2月:訪問看護ステーション『とまと』事業開始
平成11年11月:指定居宅介護支援事業開始
平成12年 1月:療養型病床群完全型 90床として承認
平成12年 3月:通所リハビリテーション事業開始
平成12年 6月:田中 實死亡により、理事長に実弟 田中 彰が就任
平成16年 8月:グループホーム『かもめ』事業開始